2018 101234567891011121314151617181920212223242526272829302018 12




「天国と地獄と」うp(ノ`・ω・´)ノ☆

本館更新しました。

Kreuzweg」→「NOVEL」→「オリジナル・-Sanctuary-」

今回はすけべシーンよりもグロシーンの方が多いのでご注意ください。


短編「日暮れの街へ」に続き、二代目伯爵パパこと、ヴェスパーの若かりし時代のお話第二弾です。

今回はある人間の男性が主人公ですが、彼の半生と共に、彼がトランクィッスルにとって大きな転機になったお話です。


さて、今回は残酷なシーンが多めで楽しかったです。(ぇ
人間をバラバラにふっ飛ばして肉片を集めさせたり、燃えている石炭を突っ込んで拷問したり。

とても気の毒な「彼」の半生でしたが、最終的にはいい感じになったのではないでしょうか。
もちろん人間なので現代まで生きてはいません。
復讐を終えた後、ヴェスパーの元で亡くなっています。

「彼」の容姿ですが、元はそこそこのハンサムさんです。優男風かな?
ただ、焼けてしまったので髪もほとんどないし、目鼻立ちもちょっと崩れて、ケロイドがひどいと思っていただければと。
口の中とかヤバそうですね。それをちゅーできるヴェスパーの肝も据わっています。(

今回私のイチオシは、なんといっても『憤怒』!!
かっこよく書けたとジガジサンを惜しみません。
ダンディでエレガントでファッショナブルでセクシー!!

イラは種族名というか、まあ一人しかいなければその者の名前にはなるんですけど、そうでもなさそうだし。
オミのような固体名ではありませんので、機会があれば考えてあげてもいいかなと思っています。

ちなみに、そろそろオミが生まれるかなという時代です。


最後まで読んでいただけると某大作のオマージュだと明白です。

個人的に作者の個人崇拝がキモすぎて最後まで読めなかったんですが、地獄編と煉獄編は大好きです。
特にヴィルジリオ(ヴェルギリウス)がちょー好きなので、『憤怒』もちょーかっこよく書きました。
蛇足ですが、別のオリジナル作品に出てくる「ヴィオ先生」もそこから影響されています。


「彼」にとって、天国だったのは遠い昔のこと。
さて、いまはどちらの世界が、より地獄なのか。

楽しんでいただければ幸いですm(_ _)m
[ 2018/09/01 ] 本館の更新と裏話 | TB(-) | CM(2)

読みましたー。
面白かったというか、この先が気になるお話でした。街の歴史に重みがついてきた感じですね。
親子3世代もお互い様というか、親子だねぇと、なんとも微笑ましい。
イーヴァの次の世代もそんな感じになるのかと(まぁお姉ちゃんが跡継ぎになっちゃうのかな)その先まで期待してしまいそうですね(´∀`*)どの世代も読み応えたっぷりでこの先が楽しみです。
次はなんの話になるのかな。('-'。)(。'-')。ワクワク
[ 2018/09/01 22:46 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

感想ありがとうございます!!
時間的な奥行きが出た感じで、私も気に入っています(*´▽`)
伯爵家の三世代も、それぞれ違う性格だけど似ているっていうのが出せて、ちょっとほっとしていますw
この先も楽しんでもらえるようにがんばります!!

[ 2018/09/02 08:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する