2018 101234567891011121314151617181920212223242526272829302018 12




「ペルソナ特務機関」うp(ノ`・ω・´)ノ☆

書けたー。

本館「Kreuzweg」→「Novel」→「版権・ペルソナ5」

「ペルソナ3(アニメ)」と「ペルソナ~トリニティ・ソウル~」と「ペルソナ5(ゲーム)」のクロスオーバー物です。
特に制限なしの短編です。




アナコンでクロスオーバー物をゲットして、「ああ、こういうのもアリか」と認知が更新。
ただ、P3とP4はゲームやってなくてアニメしか見てないので、細かいところはふわっとなってしまいますね。

トリニティ・ソウルで参事官になっていた真田先輩ですが、警視庁の参事官なのか警察庁の参事官なのかちょっと不明。
月光館学園が何処にあるのか明確に設定されていないので(都会のウォーターフロントとしか・・・・・・)。
まあ、官僚で地方にまで行くんだから、警察庁でいいだろうという安易な考えでした。
それと、警察官が「参事官」の肩書を拝命できるのは、階級「警視長」からです。

そんなところに、警察官僚志望のマコちゃん先輩ですよ!!
上司部下がアツい!!

という勢いで書き上がった今作です。

ちょこちょこネタは挟んだつもりなんですけど、狙い通りに効いているのかわかんないですね(滝汗

ルブランのシーンでの冷気は、氷結弱点の先輩に氷結属性の忠狐が威嚇したんです・・・・・・。
あと、竜司はたぶん就職してパツキンから茶髪くらいには落ち着いたんじゃないかなって。
ナチュラルに先輩を「おっさん」呼ばわりしていますけど・・・・・・。

手袋したままコーヒー飲んでた人がいましたねえ、誰とは言いませんが。

それと自分でも「あー・・・・・・」思ったのが、マコちゃんと春ちゃんの同棲。
いや、えっと、ルームシェアじゃ、ないかな・・・・・・う、うん・・・・・・(視線逸らし
春ちゃんはお手伝いさん付きの一軒家に住んでそうだけど、きっと寂しいとか言い出してマコちゃんを引っ張り込んだに違いない。

季節のフルーツパンケーキ生クリームマシマシは、私が食べたいと思っ(ry


設定厨なんで、こういう隙間埋めるの書くの好きなんですけど、今回は特にクロスオーバーにありがちな矛盾を適当に丸め込めてよかったと思います。




真田先輩、どう見てもブルマです・・・・・・。
[ 2018/03/09 ] 本館の更新と裏話 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する